前へ
次へ

ブランド買取で損をしないために

手持ちのアイテムを出品する際に、どこで買い取ってもらうかが鍵になり、売上金額は大きく異なってきます。ショッピングモールなどの町のあちこちで見かける、衣類から家電、生活用品まで扱うリサイクルショップもあれば、ブランド買取専門店、オークションやフリーマケットなど様々です。店舗で買い取ってもらう際には、当然お店側の利益が必要なためその分安く買い取られます。相見積にて販売を選択したり、個人出品に変更する際は値付けの目安もできます。手間を省き少し安く店舗に販売するか、手間をかけて利益を取るかはその人次第になります。しかし、ブランド買取の必須条件として「本物」であるこが条件です。そのため、店舗では必ずブランドバック等はシリアルナンバーを確認します。逆に言えば、確認できないものは買い取ってもらうことができません。個人出品の際は明記をしなくても出品ができてしまうことがリスクとなります。ただ、出品の際にシリアルナンバーの有無や購入店のカードなどもあれば、買手も信頼して購入することができます。商品の状態は当然ですが、本物の証明でやっと値段がつき、価値がでます。ブランド買取の第一事項はシリアルナンバーの確認からです。

ブランド買取を得して利用する前に

要らなくなったブランド品を売れば、必ず得するからと言えどそう簡単に行えないのが現実です。ブランド買取サービスを利用する前に、以下の点を踏まえておかねばなりません。事前にブランド買取業者が、どのような不要ブランド品を買い取ってくれる条件を把握しておくことが重要と言えます。主な条件としては、箱や保証書(ギャランティーカード)、布・皮の端切れ、ボタンなどの付属品の有無、不要ブランド品そのものの状態、売りたい不要品のブランドが買い取りの対象となっているかなどです。特に付属品において、保証書(ギャランティーカード)は非常に重要で、これが無ければ本物のブランド品としてみなされないことが多いです。一部の宅配形式によるブランド買取業者では、保証書が無くても買取対象品として扱われることもありますが、高価買取が実現されるのならば、必須と言えます。不要ブランド品そのものの状態においては、傷や色あせ、ほつれが多くみられるなど状態が悪ければ査定価格は低く、逆に状態が良ければ査定価格が高くつくことが多いです。以上の点を踏まえてブランド買い取りサービスを利用すれば、高い利益を得られることに違いないと言えます。

Page Top